FX初心者でも月10万円!トルコリラスワップで稼ぐ戦略を解説

FX初心者でも月10万円トルコリラスワップで稼ぐ戦略を解説 FXスワップ

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

私のおこづかい稼ぎの目標の1つは2028年5月までに月々10万円をコンスタントに受け取れる資産をつくることです。

「えー!?10年もかけてそれだけ!?」というツッコミが来そうですが家族持ちの完全こづかい制のサラリーマンの私には大きな目標ですので生暖かい目で見守ってください。

この目標はあてずっぽうではなく、根拠があるのでその戦略を解説していきたいと思います。

手法としてはスワップポイントで稼ぐ手法なのですが、スワップって何?という方はぜひ↓の記事をご覧ください。

関連記事>>FX初心者のための基礎知識

私が運用してから1年経過していますが、開始1年でどうなったかもぜひ参考にしていただければと思います。

関連記事>>トルコリラスワップ運用始めて1年経過!振り返りと今後の見通し

スポンサーリンク

選ぶ通貨ペアはトルコリラ円|Tryjpy

まず始めに、スワップで稼ぐには取引する際に高金利通貨ペアを選ぶ必要があります。私はその代表格のトルコリラを運用しています。トルコリラはとにかくスワップポイントが高いんです。

FX会社によっては10,000通貨(1Lot)持っているだけで1日70円のスワップポイントが受け取れます(2019年10月現在)。1ヶ月30日とすると、2,100円です。

メキシコペソや南アフリカランドも高スワップですが利回りではトルコリラに軍配が上がります。目標までの距離が短くなる通貨を選択します。

【追記】
2019/7/25トルコ政策金利の引き下げにより、スワップの様相が変わってきました。各FX会社のスワップの比較、他通貨ペアのスワップも併せてご確認いただき、より良い投資をしましょう!

参考記事>>利下げでトルコリラがピンチ!メキシコペソの方が儲かる!?

複利運用|お金にお金を生んでもらう

スワップで得た利益を引き出して使うのではなく、再投資することを複利運用といいます。

例えば次のようなルール・前提でトルコリラを運用した場合、表のようなシミュレーション結果になります。

1.月々1万円ずつ入金、トルコリラを1,000通貨買う
2.1,000通貨あたりスワップ8円/日もらえる
3.1ヶ月30日固定
経過月トルコリラ月利益累計利益
1カ月1,000240240
6カ月6,0001,4405,040
12カ月12,0002,88018,720
24カ月24,0005,76072,000
36カ月36,0008,640159,840
48カ月48,00011,520282,240
60カ月60,00014,400439,200

上のルールに複利運用のルールを1つ加えると、次のようなシミュレーション結果になります。

4.スワップ累計1万円ごとにトルコリラ1,000通貨買う
経過月トルコリラ月利益累計利益
1カ月1,000240240
6カ月6,0001,4405,040
12カ月12,0003,12019,440
24カ月24,0007,44084,240
36カ月36,00013,200209,520
48カ月48,00020,880415,680
60カ月60,00030,960729,120

2つの表の60ヶ月目だけ比較すると

1カ月スワップ:+16,560円(30,960円>14,400円)
累計スワップ  :+289,920円(729,120円>439,200円)

とこれだけの差がつきます。複利運用なら1カ月に3万円、単利運用なら1.4万円、複利運用のパワーはすごいです。

上の例のデメリットを挙げるなら、利益のすべてを再投資するので一度も出金しないことです。逆に複利なしなら、5年の間に約44万円を自由に使えます。複利運用にはルールによっては辛抱が必要ですね。

5年間まったく出金しないとおこづかいにならないよ…という方は出金のマイルールを作りましょう。

例>5.月当たりの利益が10,000円を超えたら、そのうちの3割を出金する
上の例に当てはめると30ヶ月目から少しずつおこづかいが出金できるようになります。あくまでマイルールなので必要に応じて出金するのもありだと思います。

ちなみに私の運用ルールは次のように設定しています。

1.月々3万円ずつ入金、トルコリラを3,000通貨買う
2.スワップ累計1万円ごとにトルコリラ1,000通貨買う
3.月当たりの利益が3万円を超えたら、そのうちの3割をおこづかいとして出金する
【2019/4/5追記】
私の運用ルール2を「スワップ3万円ごとにトルコリラ3,000通貨買う」から上記に変更しました。よくよくシミュレーションしてみると、細かく買い増しした方が複利のスピードが上がるのと、約定価格がより平均化されます。

失敗しないためのリスク管理

トルコリラの運用で一番重要なのが何円までの円高に耐えられるポジションを建てるか、のリスク管理です。

関連記事>>FX初心者のための基礎知識

でも触れましたが、ポジションを建てるということはスワップを受け取るのとは別に、値動きによる損益があります。1トルコリラが20円の時に買いで建てたポジションは、19円になれば損をしていることになります。

1トルコリラが20円の時に、資金10,000円で1,000通貨買った場合、レバレッジ25倍で約9円の下落に耐えられます。それよりも下落するとロスカット強制決済)となってしまいます。

FXにはリーマンショックや〇〇ショックのようなイベントはいつか必ず起きます。それを予想しろと言われても難しいですが、過去の値動きはどなたでも調べられるので下落の耐久戦略の材料にしましょう。

ちなみに、前述の複利ルールや出金マイルールですが、口座に資金が残るようにしておくと〇円の下落に耐えられるという耐久力が増すので、その戦略の柔軟性が運用のしやすさでもあります。

リスク管理についてはこちら↓の記事で掘り下げて解説しているので合わせてご覧ください。

関連記事>>スワップ運用のリスク分散具体策

積立投資=ドルコスト平均法

まとまった資金を準備できない方でも、月々10,000円用意できれば5年後には月7万円を生んでくれる種になります。この積立のような戦略は最小取引通貨単位が小さいFX会社であれば、1,000円からでも投資可能です。

この「月々」入金しながらポジションを建てていく方法ですが実は自然とリスク分散できているんです。以下は例です。

 1ヶ月目2ヶ月目3ヶ月目
パターン1
一括
3万円入金
3,000通貨購入
なしなし
パターン2
積立
1万円入金
1,000通貨購入
1万円入金
1,000通貨購入
1万円入金
1,000通貨購入
トルコリラ値動き20円16円18円
パターン1:一括型
メリット :1ヶ月目から多くスワップが受け取れる
デメリット:3ヶ月目に2円の円高分の含み損になる
パターン2:積立型
メリット   :3ヶ月目でもトータルでは円高分の損はない
デメリット: パターン1に比べて受け取るスワップが少ない

リスク管理の観点からはパターン2のメリットの方がリスク分散の効果が大きいです。このパターン2の手法をドルコスト平均法、と言いたいところですが厳密には買う数量でなく、買う金額を一定にする手法を言うので、ほぼドルコスト平均法です。(※必要証拠金を考慮すると一定金額にはならないため)

他にトルコリラ運用で注意することはないの?

ここまで運用方法について説明してきましたが、他にも気にしておかなければいけないことがいくつかあるので説明していきますね。

スワップの変動

スワップはあくまで2通貨の金利差なので、日本円の金利が上がったりトルコリラの金利が下がったりすれば、受け取るスワップは減ります。極端に言えば、金利が逆転すればスワップを支払うことになります。

資金に余裕ができたらオーストラリアドルなど他の国の通貨を買ってリスク分散するとよいです。私も将来的には3~4種類くらい通貨保持したいと考えています。

資金によってはFX以外の投資も選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

【追記】
実際に2019/7/25にトルコ政策金利の引き下げによってスワップが減少しました。

関連記事>>利下げでトルコリラがピンチ!メキシコペソの方が儲かる!?

取引停止

過去にアイスランド通貨クローナは通貨危機を起こして取引停止になりました。取引停止になると、期限までに自身で決済するか、期限になると強制決済されるようです。これは切ないですね。

私が思うに、トルコの国力からすると取引停止は考えづらいですが、万が一でも起こりうることなので頭の片隅には置いておきましょう。

メンタルコントロール・ルールの遵守

定期的にポジションを建てていると、建てた直後に円高になって「もう少し待てばよかった」なんてことがざらにあります。

そこで「悔しいからちょっと買っておいて円安になったらすぐ売っちゃおう」などとルールを逸脱したことをし始めると歯止めがきかなくなります。ルールを守る、誘惑に負けないメンタルが必要です。

まとめ

時間はかかりますが初心者でもほったらかしで月10万円は行けると思います。

・月1万円~の積立
・トレードスキル不要でほぼほったらかし
・複利運用でお金にお金を生んでもらう
・リスク管理とルールの順守だけはしっかりと!

私のような家族持ちの完全おこづかい制のサラリーマンでも、これならできそう!と思ってもらえるはず!
一緒にトルコ戦士になっておこづかい稼ぎしませんか?

関連記事>スワップのみ引き出し(出金)できるおすすめFX会社は?

FXスワップ
シェアする
スポンサーリンク
トルコリラ・メキシコペソスワップで目指せこづかい10万円

コメント