トルコリラでスワップ生活!月○円の利益に必要な資金計算

トルコリラスワップ生活必要資金計算 FXスワップ

いつも当ブログを見ていただきありがとうございます。

不労所得お金にお金を生んでもらうことにどれだけの人が成功しているでしょうか?今「夢のスワップ生活」を送っている人が世の中にどれくらいいるでしょうか?

私も不労所得で儲けることを目指してスワップ運用をしているわけですが、スワップ運用にも賛否両論あり、不安や希望を抱きながら過ごしています。

そんな私がリアルで運用しているトルコリラスワップですが、運用を始める前によくシミュレーションしたり、情報を集めたりしていました。今回はその内容を私なりにまとめてみたのでご紹介していきます。

将来これくらい利益を上げれたらなぁ、儲かったらなぁと夢見るのはタダですから、ぜひ妄想してみてください。

スポンサーリンク

月1万円利益に必要な資金

月に1万円というと、おこづかいの足し程度です。2019年4月現在の私がちょうどこれくらいです。複利運用しているのでまだおこづかいにはなっていませんが。

不労所得で仕事辞めたい!という人にはまだまだ程遠いですが、おこづかい制のサラリーマンには大きな金額です。1万円あったら庶民的なことなら結構いろんなことができるので私なんかはワクワクしてしまいます。

さて、シミュレーションですが前提条件として

・通貨はトルコリラ
・レートを1リラ19円とする
・スワップ付与日数は30日/月とする
・必要資金の表記は千円切り上げ

必要資金については次の2つの条件の組み合わせで4パターンで表してみます。

・10,000通貨当たりのスワップが日に100円80円の場合
・1リラ10円までと5円まで耐えられる運用の場合
100円と80円のスワップについては約1年間実際に運用してみてこれくらいの変動があったからです。これについてはFX会社によっても変わるので目安として見てください。

耐えられるレートについては、19円の約半値とさらにその半値としました。トルコリラ円の月足チャートでは右肩下がりなのでこの条件については要注意です。

月1万円利益に必要な資金の計算結果は次のとおりです。

月1万円利益必要資金

10,000通貨当たりのスワップ
100円 80円
1リラ10円まで耐える設定 33万円 41万円
1リラ5円まで耐える設定 50万円 62万円

1リラ10円まで耐える設定は5円まで耐える設定よりリスクが高いです。10円まで耐える設定でスワップが100円なら33万円の資金が必要となります。月1万円、つまり年間12万円の利益になるので年利36%

「2019年4月現在の私がちょうどこれくらい」と言いましたが、1リラ10円まで耐える設定のスワップ80円が私の状態に近いです。実際は41万円の資金でスタートしたわけではなく、3万円ずつ積み立ててきたので、年利でいうと19%くらいです。ただし、ポジションは塩漬け前提で含み損は除外してお話していますのでその点だけはご注意を。

月3万円利益に必要な資金

次に月3万円です。私の場合ですと、節約すれば奥さんにおこづかいもらわなくても生活していけるレベルです。お子さんがいる方は習い事に行かせるにも気後れしなそうです。ただ、贅沢するには少し足りないかなってところでしょうか。

月3万円利益に必要な資金の計算結果は次のとおりです。

月3万円利益必要資金

10,000通貨当たりのスワップ
100円 80円
1リラ10円まで耐える設定 98万円 122万円
1リラ5円まで耐える設定 148万円 185万円

1万円の場合と計算方法は同じなので年利にすると同じになります。

必要な資金が98万円以上になってしまいますが、年間で36万円の利益は大きいですね。3年運用できれば投資資金を回収できます。それに、98万円なら少し節約などがんばれば貯めれない額ではないので、現実味がない話ではないですね。

月5万円利益に必要な資金

次に月5万円です。ここまで来ると外食もショッピングも充分できますね。毎月ブランドものの服やアクセサリを買うようなことはできませんが、中流程度なら申し分ないです。私なら使いきれずに余った資金を再投資します。

月5万円利益に必要な資金の計算結果は次のとおりです。

月5万円利益必要資金

10,000通貨当たりのスワップ
100円 80円
1リラ10円まで耐える設定 163万円 204万円
1リラ5円まで耐える設定 246万円 308万円

実は月3万に必要な資金とちょっと壁があると考えています。200万円近くになると、副業をしていない人には1年くらいの短期間で資金を貯めるのが難しくなってくるのではないでしょうか。

すでに別な投資をしていてすぐに資金がある、ラッキーで資金を用意できた人ならここがスタートラインになる可能性はありそうです。

月10万円利益に必要な資金

次に月10万円です。年間にすると100万円を超えます。「生活の足し」という次元ではなくなります。私立大学の授業料や新車の軽自動車と考えると結構な額ですよね。ただし、大きな買い物や支払いに充てると残らないとなるともっと儲けたくなるのが人の性です。サラリーマンが会社を辞めれるレベルでもありません。

月10万円利益に必要な資金の計算結果は次のとおりです。

月10万円利益必要資金

10,000通貨当たりのスワップ
100円 80円
1リラ10円まで耐える設定 326万円 407万円
1リラ5円まで耐える設定 492万円 615万円

高級車1台分の資金は簡単にポンとは出ません。複利運用やほかの投資で到達するレベルだと思います。

月50万円利益に必要な資金

最後に月50万円です。年間600万円。中堅サラリーマンの年収レベルです。ここまでたどり着けば、「不労所得」だけで生活できそうです。毎月ボーナスをもらう感じでしょうか。そんな感覚味わってみたいものです。ちなみに今のスワップ水準で私の運用に当てはめると月50万に到達するのは13年後です。

月50万円利益に必要な資金の計算結果は次のとおりです。

月50万円利益必要資金

10,000通貨当たりのスワップ
100円 80円
1リラ10円まで耐える設定 1627万円 2034万円
1リラ5円まで耐える設定 2460万円 3075万円

必要資金がすごいことになってますが、スワップの複利運用を考えてみるとそんなに無理な話でもありません。冒頭で申したとおり夢を見るのはタダなので!私は13年後にここまで来れることを夢見ています。

まとめ

いかがでしたか?ぜひ月50万円利益の世界を見てみたいですね!

利益に必要な資金計算の逆引きである、資金からの利益計算の記事もあるので併せてご覧ください。

関連記事>>トルコリラでスワップ生活!○円の資金で得られる利益計算

月50万利益、私の場合13年後に到達予定の夢とは言え、決して無理なことではないと信じています。というのも、twitterや先輩スワッパーの情報を拝見していると「今日のスワップ8,000円!」なんて言葉が飛び込んでくるので、そういう人たちは月に24万円は稼いでるってことですよね?

シミュレーションだけではなく、そういう情報も「自分でもがんばれるんじゃないか?」と思わせてくれるには充分な存在です。

これからも夢を追い続けてほったらかしスワップ複利運用で目標達成を目指していきたいと思います!

関連記事>>FX初心者でも月10万円!トルコリラスワップで稼ぐ戦略を解説

FXスワップ
シェアする
スポンサーリンク
トルコリラ・メキシコペソスワップで目指せこづかい10万円

コメント