5分で完成!WordPressお問い合わせフォームの作り方

ブログWordPress WordPress

Googleアドセンス合格についての記事でもご紹介しました、お問い合わせフォーム。

関連記事>>Googleアドセンス一発合格!合格のためにやったことと合格ライン考察

アドセンスの合否には影響なしとの情報もありますが、設置しておくことでブログを見てくれた人とのコミュニケーションがとれたり、お仕事のお話が来たり、プラスになることがたくさんあります。

今回はWordPressではよく知られているプラグイン「Contact From 7」を使ったお問い合わせフォームの作り方を実際の画面キャプチャを用いてわかりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「Contact From 7」プラグインのインストール・有効化

まずは、Contact Form 7のインストールをしましょう。
WordPressのメニューで「プラグイン」の「新規追加」をクリックします。

お問い合わせフォームcontactform7

検索フォームで「Contact」と入力すると「Contact Form 7」が表示されるので、「今すぐインストール」をクリックします。お問い合わせフォームcontactform7

インストールが完了するとボタンが「有効化」に変わるのでこちらも忘れずクリックしてください。お問い合わせフォームcontactform7

コンタクトフォームの確認

有効化が完了すると、WordPressのメニューに「お問い合わせ」が追加されます。

お問い合わせフォームcontactform7

お問い合わせを選択すると、すでに「コンタクトフォーム1」が存在しますが、これをそのまま使用することができます。「コンタクトフォーム1」か「編集」ボタンをクリックします。

お問い合わせフォームcontactform7

フォームにはデフォルトで「名前(必須)」「メールアドレス(必須)」「題名」「メッセージ本文」が設定されています。フォームの内容を変えたい場合はこちらで変更することができます。

お問い合わせフォームcontactform7

メールタブを選択すると、送信先のメールアドレス等が確認できるので、間違いなく自分のメールアドレスに設定されているか確認しましょう。

お問い合わせフォームcontactform7

設定が確認できたら、一覧表示に戻って、「ショートコード」をコピーします。後で作成する固定ページに貼り付けます。

お問い合わせフォームcontactform7

固定ページの作成

コンタクトフォームの設定が確認できたら、お問い合わせフォーム用の固定ページを作成します。WordPressのメニューから固定ページの新規作成をクリックします。

お問い合わせフォームcontactform7

ブロックの追加で「ウィジェット」→「ショートコード」を選択します。

お問い合わせフォームcontactform7

ショートコード欄にコンタクトフォームでコピーしたコードを貼り付けます。

お問い合わせフォームcontactform7

※WordPressのプラグインによって、ショートコード追加の方法が異なる場合があります。

プレビューで確認すると次のようになります。ショートコード追加しただけですがそれっぽくなりましたね。

お問い合わせフォームcontactform7

最後に少し体裁を整えて完了です。

お問い合わせフォームcontactform7

デフォルトのフォームであればこれだけかんたんに作成できますので、まだお問い合わせフォームないよーという方は作ってみてはいかがですか?

Contact Form 7 についての詳細は公式ホームページをご覧ください。

公式ホームページ>>Contact Form 7

WordPress
シェアする
スポンサーリンク
トルコリラ・メキシコペソスワップで目指せこづかい10万円

コメント