FXの単位「pips(ピップス)」とは?1pipsっていくら?

FXの単位pipsとは FX

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

FXでは「pips」という文字をよく目にします。今回はこの「pips」が何かを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

pipsとは?

「pips」ピプスピップスと呼びます。pipsはFX取引で使用される単位のことで、異なる通貨単位を共通の単位で表すことができます。

FXでは儲けた金額を話すことがありますが、これは取引する金額が大きければ大きいほど損や得の金額も大きくなるので、勝った値幅に関係はありません。

pipsとは

ですが、FXの勝ち負けをpipsで表す場合、取引そのものに焦点を当てるため、取引の成功や失敗の度合いがわかりやすくなります。そういう意味では、勝ち負けをpipsで表現するトレーダーさんは信頼できるトレーダーさんだと思います。

1pipsっていくら?

1pipsがいくらになるかは、通貨ペアに円を含むか、含まないかで変わってきます。ちなみに、円を含む通貨ペアのことを総称として「クロス円」といいます。

通貨ペアに円を含む場合 例>米ドル/円(usd/jpy)やユーロ/円(eur/jpy)
1pips = 0.01円 = 1銭

通貨ペアに円を含まない場合 例>ユーロ/米ドル(eur/usd)や豪ドル/米ドル(aud/usd)
1pips = 0.0001通貨単位 

1pipsはいくら

たいていのレート表は見やすいようにできています。クロス円かどうかで小数点2桁なのか4桁なのかが違うということに注目すれば覚えやすいでしょう。

pipsから金額計算する場合は?

それでは、pipsから損得の金額を計算するにはどうしたらよいでしょう?それは取引数量によって一定の数をpipsに掛けてあげると簡単に計算できます。

取引量 考え方 利益10pips 利益50pips
1000通貨 pipsに10掛ける 利益100円 利益500円
1万通貨 pipsに100掛ける 利益1,000円 利益5,000円
10万通貨 pipsに1000掛ける 利益1万円 利益5万円

通貨ペアに円を含まない、ユーロドルなども1ドル=100円のレートの時なら同じ考え方ができるので、よほどの円安円高でない限り、ざっくりで上記の表と同じ計算方法で同じになります。

まとめ

FX初心者の方はぜひpipsについて覚えて、今後のFXライフを満喫してくださいね。

簡単ですがこの辺で!

FX
シェアする
スポンサーリンク
トルコリラ・メキシコペソスワップで目指せこづかい10万円

コメント