FX注文時のAskとBidとは?

askbidとは FX

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

FX注文の時によく目にする「Ask」と「Bid」ですが何を表しているか解説していきます。

短いですが、大事なことなので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

AskとBidの読み方

まずはそれぞれの読み方ですが、「Ask」はアスク、「Bid」はビッド と読みます。

読み方はそれほど重要ではありませんね。

AskとBidの意味

一番見かける場面はFXの注文画面です。

askbid注文画面例

このように注文画面も様々ですが、概ねBid売、Ask買の表記があります。それぞれ通貨を取引する時にボタンを押すわけですが、

Ask ⇒ 通貨を買う時の値段
Bid ⇒ 通貨を売る時の値段

を表しています。買い注文の時にはAskのボタンを押しますし、売り注文の時にはBidボタンを押します。

AskとBidで値段が違うのはなぜ?

Ask=通貨を買う値段と、Bid=通貨を売る値段が違うのは、トレーダーにとってはそれが取引手数料になるからです。

上の画像でAskとBidの真ん中に小さく「0.27」や「0.3」と表示されていますが、これがAskとBidの差であり、スプレッドと言います。

FX
シェアする
スポンサーリンク
トルコリラ・メキシコペソスワップで目指せこづかい10万円

コメント